シラス緑化基盤

説明

シラス緑化基盤とは鹿児島に広がるシラス台地にあるシラスを使い、緑化用に調整した基盤材です。

特長

高い保水性

30~52%の吸水率(連通気孔・毛細管現象)を有するため、水やりが従来の1/ 4程度に抑えられます。

大きな透水性

透水性係数0.01cm / s以上、余分な雨水は地中に流れていきます。

潜熱性・断熱性

気化熱により温度を抑えられ、植物との相乗効果によりヒートアイランド現象の緩和に効果を発揮します。

吸音性

多くの独立気孔、連通気孔を有することで、近隣の騒音を和らげる効果があります。

不燃性

不燃材認定製品(NM - 0942国土交通省)

植物との相性が良い

芝草類、コケ類の植生基盤に適します。

軽量

かさ比重は0.6~1.6で約7kg~8kgです。

加工が容易

切断加工が容易で施工コストの低減ができます。

維持管理の負担を低減

一般土壌と比較して養分を多く含まないことから、雑草の生長が少なくなります。また下から突き上げるような『竹類・カヤ』を物理的にシャットアウトするため雑草管理を軽減することができます。

バリエーション

シラス緑化基盤(商標登録済)

シラスの保水性を活かし、緑化を可能にしたブロック。ヒートアイランド現象軽減に効果があります。

芝生シラス緑化基盤
規格寸法:300mm×300mm×60mm(80)
芝付きシラス緑化基盤
規格寸法:300mm×300mm×80mm程度(100)
写真はシラス緑化基盤/ 芝付き

標準布設歩掛

製品一覧に戻る