ポカラ工法

共生型河川護岸工法

コンクリート張りの護岸から、生態系にやさしい環境型に重視し、ポカラの空間を生かした環境型護岸、護床工として利用する工法です。

特長

・ポカラの空洞部に栗石等の中詰を行い景観に配慮した護岸とし、息のできる護岸とすることで、生態系に良好な護岸をつくれます。
・ポカラの空洞部を利用した魚巣をつくることができ、空洞部に詰める中詰石の大きさを調整することで、生物の大小にも配慮できます。
・工事現場の河床材料を有効利用し、ポカラ根固工を構築します。

完成写真

製品一覧に戻る