W2R工法(WaterWayRenewal)

説明

既設側溝のリニューアル工法
国土交通省が定めた「道路の移動円滑化整備ガイドライン」では、歩道と車道らの高さを標準で5 cmと定めているが、現状では車道から高さが15 cmの歩道など、歩道の高さが車道より高くなっている箇所が多く、その段差を解消するため歩道を低くする切り下げる工事などを円滑に進めるための工法です。

NETIS No.SK-050002 /特許 第3784820 号

特長

1.内側からの側壁を切断する専用カッターを使用(W2R カッター内幅300 ~ 700 対応)
2.バリアフリー蓋を使用(歩道のバリアフリー化)
3.急速施工(交通規制期間の短縮)の実施

適用範囲

留意点

●適応側溝巾 W=250 mmのときは直線のみ、300 mm以上で曲線部OK
●適応側溝巾 W=700 mmで曲線部のとき、内側壁施工巾(切断深さ)150 mm

施工写真

W2R工法(WaterWayRenewal)/W2R工法蓋

NETIS No.SK-050002 /特許 第3784820 号

形状寸法

形状寸法

製品一覧に戻る