電気用ハンドホール

特長

ハンドホールの構造

・設計荷重はすべてT-25 で設定しています。 
・コンクリートの設計基準強度はすべて35N/ mm2 で製造しています。

ハンドホールの機能

・各面に配管用ノックアウトを設けてあります。現場での加工が容易に出来ます。
・各面に保護キャップ付きインサート(M12-@400) を埋め込んであります。
 ( ステップや金物の取付が簡単に出来ます。)
・底部には水抜き栓が取付けてあります。水位が低い場所は水抜穴に、水位の高い場所には、止水ボル
 トで塞ぐことが出来ます。
・接合面は凹凸の噛み合せ形状になっています。施工の際にズレなく作業出来ます。さらにブチルゴム
 系シール剤もしくは、エポキシ系樹脂接着剤の使用により、防水処理が可能になります。

ハンドホールの鉄蓋

・高さ調整金具(L 型金具)を使用することで、微妙なレベル勾配調整が可能になります。
・多種類の受枠(コンクリート巻き・舗装用・角枠等)・高さ調整リングがあり、設置状況に合わせた施工
 が出来ます。
・盗難防止用鎖を標準装備しています。

形状寸法

ハンドホールリング

調整リング

舗装用リング

建築・設備用マンホール鉄蓋(敷地内用)の荷重区分について

鋳建築・設備用マンホールカバー(敷地内用)とは、公道上を除く建物の内外および敷地周辺道路に使用されるマンホールカバーのことを言います。したがって、一般国道および主要地方道(一般に1日の計画交通量が1000台前後の道路)には使用できません。

鋳出文字・マーク位置

※丸蓋・角蓋ともに、文字・マーク位置を下記よりご指定ください。

丸蓋

角蓋

ステップ

ステンレスはしご

ケーブル支持金物( 民間用)

塩ビセパレーター

特長

・オール塩ビ製のため軽量で作業性に優れています。
・両サイドの取付器具は、対抗で取り付けるため、設定後の歪みが起き難い特長を持っています。
・取付器具がスライド式になっているため設置時での調整がとても簡単です。

形状寸法

OK ボンドパット

合成樹脂の多孔質発泡体を芯材とし、高粘度耐老化性の物質を被覆し、ロープ状にした接合用の製品です。接着性・止水性の高さ、さらに半永久的な弾力性・反復性・引張度を加味しました。

特性

・弾性に富む合成樹脂質の多孔質発砲体を芯材にしています。接着する場合の状況で、特に永久弾性の必要な場合、あるいは接合部の重圧による止水材の永久薄層化を防止する必要のある場合に使用すれば十分な効果を発揮します。U字フリューム管、ヒューム管等の挿入式接合方法の場合、芯材がスペーサー的な役目をして、長期に止水材を一定厚に保持することができます。
・フレキシブルな弾性をもっていますので、接合連結後、温度差による収縮、膨張を吸収し、地盤の不等沈下に対しても柔軟性を有しています。とくにヒューム管の接続、セグメントの接合部には非常に理想的です。

用途

・加圧コンクリート製品の接合部の止水用、ヒューム管、U 字フリューム管、ベンチフリューム管、ボックスカルバート、重圧管開渠、暗渠、L 型排水溝、ハンドホール等。          
・物質面が陶磁器、合成樹脂、ガラス、鋳鉄等の接合部の止水用。
・スレート、波形硝子、長尺鉄板屋根、スカイライト、換気扇等の重ね目、取付部の雨水の逆流、漏水等の防止。
・工業用:車輌、自動車、船舶、冷蔵庫、コンテナ、電気器具、科学器具等の水密、気密、防音、防塵用充填材。
・PC版組立の住宅の接合部に使用され施工の簡便迅速が期せられています。

使用上・保管上の注意

1.OKボンドを使用する前に、接合部をよく清掃してください。特に、ホコリ、ゴミ、泥はよく取り除いてください。湿気、水分、油分があると、完全に接着しませんので、よく乾燥させるか、油分を取り除いてください。湿気のある場合、専用のプライマー(合成樹脂性)を塗布して接着作業を行なってください。

2.取扱中にOKボンドにホコリ、ゴミ等が付着すると接着性が悪くなりますので、灯油を浸したウエスでよく拭き取ってください。

3.OK ボンドは巻いてある離型紙を取り外して接着施工面に張り付けます。長さが不足する場合には、5~10mm重ねて接続します。良好な接着性で、他の接着剤を用いることなしに接続可能です。

4.U 字フリューム管等の接続の場合は、雌部(挿入口)に雄部を載置して、その空隙部にOK ボンドを置き、接合しますが、薄層化しますので、スペーサーを置いてください。スペーサーは、OK ボンドと同一の厚さで防腐性のものを使用します。

5.保管の際は積み重ねますと、下積みの物が変形しますので、あまり高く積み重ねることは避けてください。また変質を避けるため、直射日光の当たらない、乾燥した涼しい場所で保管してください。

OK ボンドパット(液状) / OK エポボンドパット

【液型弾力性エポキシ樹脂系接着剤】

OK エポボンドはエポキシ樹脂系接着剤の高い凝集力、幅広い材料への接着性を兼ね備えた、作業効率性の高い、一液型エポキシ変性弾性接着剤・シーリング材です。コンクリート及び各種石材の接着、目地の埋込み作業に抜群の効果が得られます。

用途

1.コンクリート・各種石材(御影石、大理石、その他)の接着、および目地の埋め込み。
2.大型タイル、人造大理石などの接着をはじめ、異種素材同士の接着。

特長

1.接着作業性に優れた一液常温硬化タイプ。計量混合の必要はありません。
2.弾力性に富み、衝撃、伸縮にも強靭な力を発揮します。
3.幅広い素材に高い接着性を示します。
4.石材やアルキット材を除く各種塗装材への汚染は心配が少なくなっています。
5.にじみ、しみ出しはほとんどありません。

使用方法

1.作業は接着面を清掃し、よく乾燥させてから始めて下さい。
2.ノズルをはずし、先端で防被膜を大きく被った後に再度取り付け、目地幅に合わせてノズルの先をカットします。
3.被着材の一方にノズルの先端をあて、塗付します。全面塗付の場合はヘラなどで表面に広げて下さい。
4.塗付後は被着材同士動かさない様に圧力をかけ固定、数日放置し、効果を待ちます。
※ 雨天、降雪時の使用を避け、通常使用の場合でも必ず5℃~35℃の温度内で作業を行なって下さい。

注意事項

1.作業は十分な換気が可能な場所で行なう。
2.必要に応じて事前に防護服などを着用し作業の際皮膚などに出来るだけ触れないようにする。
3.OKエポボンドが皮膚などに付着した時は、すぐに拭き取り、石鹸などでよく洗う。
4.取扱後は、手洗い・うがいを必ず行なう事。
5.作業服などに付着した場合にも、速やかに拭き取り、洗い流す。
6.目に入った場合は、水でよく洗い流し、医師の診断を受ける。
7.保管は直射日光を避け、湿度の少ない冷暗所に。開封後は早めに使いきる。
※ 本品の使用は、目的の用途に適合するか事前にお確かめの上開始して下さい。使用方法、使用条件によっては、十分な接着力が得られない場合があります。
※ 詳しい内容は製品安全データシートをご覧ください。

取り扱い注意

本品は皮膚に触れると皮膚障害を起こす恐れがあります。取り扱いの際は、注意事項をよくお読み下さい。もし皮膚に触れた場合は速やかに石鹸や磨き粉をつけて、水で洗って下さい。

標準布設歩掛

製品一覧に戻る