ジオパネル

説明

壁面材にコンクリートパネル、補強材にテナックスTTを使用する補強土壁工法です。パネルに作用する土圧力に対し、これと連結されたテナックスTTと盛土材料との摩擦抵抗力によって抵抗し、垂直でも安定性の高い盛土を構築できます。景観に配慮したデザインパネルを標準化しているため、山間部ばかりではなく、美観が重視される都市部でもご利用いただけます。

特長

高い安全性

テナックスTTを面状に敷設するため、垂直でも安定した盛土を構築することができます。

高い信頼性

補強材に使用するナルックスTTは強度、耐久性ともに優れ、長期間にわたって盛土材料との間に十分な摩擦抵抗力を発揮いたします。

優れた経済性

中央にハツリ模様をあしらった化粧付きパネルを標準化したため『アーバンウォール』と呼ぶに相応しい都市景観に馴染む外観となりました。

優れた施工性

強度をそのままにパネルの軽量化を進め、さらに独自の施工方法を開発したことにより、施工性を改善することができました。

景観に配慮した外観

パネルの四隅にハンチをつけた為、コンクリート製品独特の圧迫感が少なくなりました。さらにハンチ部分には、つる性植物などを植栽することができます。

デザインパネルが標準化

テナックスTTの適用、コンクリートパネルの薄型化によって、経済性が向上しました。


ジオパネルの構造・部材

ジオパネルは、盛土中に敷設した補強材で土を補強する構造であるため、土圧力を受ける壁面材、土を補強する補強材、両者を連結する連結部材、ジオパネルの大部分を構成する盛土材料などは主部材にあたります。ジオパネルで、使用する部材を以下に紹介します。

①コンクリートパネル   ②L型コネクター
③テナックスTT     ④U型コネクター
⑤連結ピン        ⑥水平目地材
⑦透水防砂材       ⑧固定ピン
⑨背面砕石        ⑩盛土材料

形状寸法

施工写真

完成写真

ジオパネル標準布設歩掛

製品一覧に戻る